トップページ

    このサイトでは岡山市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「岡山市で中古車を高い金額で買取をしてくれる買取店がどこか知りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    車を高く売るために大事なことは「岡山市にある複数の車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら絶対に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。岡山市にある対応している複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、岡山市での買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社へ中古車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、岡山市でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く車を売りたいから岡山市の車買取業者をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、岡山市で数万キロ走った中古車でも高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると岡山市対応の複数社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の買取会社が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後は岡山市対応のいくつかの中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    岡山市対応の車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った中古車であっても高く売れる可能性が上がります。

    最大で10もの会社が中古車の買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取店にあなたが大事に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、岡山市にある複数の中古車買取業者に依頼をして数年間愛用してきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるようにあの楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    車の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    数年間愛用してきた車を高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の車買取サービスと比べると少なめですが、岡山市対応の最大で10社の会社が中古車の査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、たいていの買取業者で、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、結果を導き出す方法です。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    このようにすれば時短のメリットもあることですし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で査定金額の価格競争が起こるのでその結果として見積金額がアップするかもしれないのです。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる要因となってしまいます。

    しかしながら、修理歴のある車が全部一様に修理歴車と見なされるわけではありません。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    売りに出す車を少しでも良いから高く買ってもらいたいのが皆の共通の願いでしょう。

    そんな時は、買取専門店に持って行く前に思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、自ら話さなくてもすぐに見破られます。

    しかしながら、付着した臭いや汚れなどに関しては自分で対処することで大分落としたり消したり出来るでしょう。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、タバコ臭が残留しているとそれだけで査定が低くなるので、できるだけ除去しておくようにしましょう。

    自分の車を査定してほしくても、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは得策ではありません。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、スピードです。

    なにせ買取査定の対象となる車を店舗に持っていくのですから、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。

    車の売却時にまだローンが残った状態だと、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。

    というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。

    残っていたローンを車を売却する以前に一括返済しきれれば良いのですが、もし不可能なら売却額をもって残りの精算に回すという手段もあります。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、必要書類も多くなります。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、値段がつけられないと言われることも多いです。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、買い取ってくれます。

    どの程度残っているかにより事情は違いますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    勿論、車検が切れてしまっている車より車検が残っている方が有利です。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだと査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    そうはいっても、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。

    自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かかるものですよね。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、自動車を所有していなくても交通の便に不自由しないならば売りに出してしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    これらの合計を出すと、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    最近販売されている車ははじめからカーナビシステムがついているのがほとんどです。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには査定額アップが望めるでしょう。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、事前に外してしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。