トップページ

    このサイトでは岡山市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「岡山市で中古車を高い金額で買取をしてくれる買取店がどこか知りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    車を高く売るために大事なことは「岡山市にある複数の車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら絶対に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。岡山市にある対応している複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、岡山市での買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社へ中古車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、岡山市でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く車を売りたいから岡山市の車買取業者をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、岡山市で数万キロ走った中古車でも高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると岡山市対応の複数社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の買取会社が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後は岡山市対応のいくつかの中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    岡山市対応の車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った中古車であっても高く売れる可能性が上がります。

    最大で10もの会社が中古車の買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取店にあなたが大事に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、岡山市にある複数の中古車買取業者に依頼をして数年間愛用してきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるようにあの楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    車の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    数年間愛用してきた車を高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の車買取サービスと比べると少なめですが、岡山市対応の最大で10社の会社が中古車の査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な何枚かの証書が必要になるでしょう。

    最近、結婚したり転居したりして車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には訂正するために幾つか書類の提出を求められますから、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何点か考えられますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、数は多くありませんが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、即時にその車を明け渡すように勧められて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずに急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    まだローンの残っている車を売る際は、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。

    なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。

    業者に売る前にローンの残りを完済できるのなら構いませんが、不可能であれば無理をせず、買取額を使って残債を清算するという方法もあります。

    ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、いくつかの手続きを踏まなければいけません。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで対象車の市場価値を計算するのが常です。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じで減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    採点されるポイントは、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    専門家は多数の車を見てきていますし、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、一目瞭然です。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも実車査定に応じてくれるものです。

    暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、実際にはそれほどの違いはありません。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、見落とす査定士もいるかもしれません。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    愛車を売却する場合に、キレイに掃除をしてから査定に持って行くことは重要です。

    丁寧に清掃する方が良いわけは2種類あります。

    1つめの理由としては、自動車査定士に車の扱いが丁寧であると好印象を抱いてもらえる可能性が高いところです。

    もう一点の理由は、自動車の中に染みついているいやな臭いを軽くする効果があるからです。

    車内に煙草やペットの臭いがある場合、具合がどの程度かにもよってきますが査定額を減額されても文句は言えませんね。

    嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、車内を隅々まで掃除してあげれば出来るだけ臭いのない車内にすることができるのですね。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    車売却の際にたまにあるケースとして、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額するケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならば悪いのは売り手側です。

    しかし、自分が何も悪くないときには、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、後から何か言われても了承する必要はないのです。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    2年に1度は車検費用がかかりますし、自動車税は毎年、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、別途駐車場代もかかってくるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうか充分に検討してみれば、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。