トップページ

    このサイトでは岡山市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「岡山市で中古車を高い金額で買取をしてくれる買取店がどこか知りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    車を高く売るために大事なことは「岡山市にある複数の車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら絶対に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。岡山市にある対応している複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、岡山市での買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社へ中古車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、岡山市でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く車を売りたいから岡山市の車買取業者をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、岡山市で数万キロ走った中古車でも高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると岡山市対応の複数社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の買取会社が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後は岡山市対応のいくつかの中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    岡山市対応の車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った中古車であっても高く売れる可能性が上がります。

    最大で10もの会社が中古車の買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取店にあなたが大事に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、岡山市にある複数の中古車買取業者に依頼をして数年間愛用してきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるようにあの楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    車の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    数年間愛用してきた車を高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の車買取サービスと比べると少なめですが、岡山市対応の最大で10社の会社が中古車の査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、査定を担当する担当者にもよりますが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検の残りが1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売却予定になってから車検を行っても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に上乗せされることはないので、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    中古車売買における車の査定基準というものは、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    このうち車のボディーと内装に関しては、事前にしっかりと掃除することで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    過去の事故歴については、嘘をついて隠してもプロなら瞬時に分かるので、最初に断っておくべきです。

    このベースとなる基準を確認してから、オークションの査定相場金額を鑑みて、実際の査定金額を導き出します。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう原因の一種になってしまうのです。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    最少の手間で車の相場を知ることができる車買取一括査定サイトは、うまく使うと本当に便利なものですが、ひとつだけ面倒な点というと、対象にした買取業者からの電話がそれこそ一斉にかかってくることが挙げられます。

    連絡先として勤務先の電話番号や、仕事にも使っている携帯電話番号を登録してしまうと、仕事に支障がでかねないので、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

    あまりマナーを守らない非常識な業者にあたった場合は、もう他社と売買契約をしたと言うとてきめんに効きます。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合は特に用意するものはありませんが、実際に売却する段階になれば、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、結婚で姓が変わった場合や住所地の変更などがあった時は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    中古車屋に売ると決めたら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    時間に関係なく気が向いた時にできるのが中古車一括査定サイトからの見積り依頼です。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    それは電話連絡です。

    夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。

    何社にも査定を頼んだのにタダみたいな値段しかつかないときは、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それ以外には廃車しかありませんが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    そうした業者の取り柄というと、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、手数料や処分費なしに車を引き取ってくれる点でしょう。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、要件さえ整えば売却できます。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    その場合は書類も増えますし、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、年式が古い車の場合年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買い取りに出す場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。