トップページ

    このサイトでは岡山市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「岡山市で中古車を高い金額で買取をしてくれる買取店がどこか知りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    車を高く売るために大事なことは「岡山市にある複数の車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら絶対に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。岡山市にある対応している複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、岡山市での買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社へ中古車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、岡山市でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く車を売りたいから岡山市の車買取業者をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、岡山市で数万キロ走った中古車でも高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると岡山市対応の複数社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の買取会社が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後は岡山市対応のいくつかの中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    岡山市対応の車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った中古車であっても高く売れる可能性が上がります。

    最大で10もの会社が中古車の買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取店にあなたが大事に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、岡山市にある複数の中古車買取業者に依頼をして数年間愛用してきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるようにあの楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    車の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    数年間愛用してきた車を高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の車買取サービスと比べると少なめですが、岡山市対応の最大で10社の会社が中古車の査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには何点か考えられますが、中にはとても酷いケースもあります。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、再度チェックしたら問題が出てきたとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    それよりも酷いケースになると、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり神経質になることはありません。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや目でハッキリ分かるへこみがある場合、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、減額されるのが嫌だからと言って自分で費用を出して直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、実際に売買する直前に車検を通しても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額にプラスされることはありませんから、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の相談が寄せられています。

    最近では買取に伴う相談電話が増える一方です。

    例えば一括査定サービスを使ったところ、断っても執拗に営業電話が来て困っている、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

    おかしいなと思ったら、消費問題に詳しいプロなどに話してみるのが大事です。

    諦めてはいけません。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のためにけして疎かにしてはいけない点があります。

    当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、サイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に契約金額に関する文章は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、契約書を交わすようにしましょう。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし一口に全損といっても2種類に大別できます。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    保険の支払額というのは時価計算で、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに市場の相場を把握しています。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに売却することは可能です。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    自分の車を売りに出すときに、そのまま現金で持ち帰りたい人の場合は、即金に対応している買取業者を探してください。

    即金対応可能と謳っていなくても、即金でお願いしますと言えば対応してくれる業者もあります。

    しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、足元を見られる結果となり、低めの査定額を出されるかも知れません。

    現金をすぐに手にしたいのか少しでも良いから高く売却したいのか、自分が望むのはどちらか良く判断して、後者が上回るのであればすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。

    どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、自動車売買のときに限らずにさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

    契約書に書かれた自動車の状態に問題はないか、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、よく読んで確認してください。

    分からないところがあったら自分が納得するまで営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。