トップページ

    このサイトでは岡山市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「岡山市で中古車を高い金額で買取をしてくれる買取店がどこか知りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    車を高く売るために大事なことは「岡山市にある複数の車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら絶対に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。岡山市にある対応している複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、岡山市での買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社へ中古車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、岡山市でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く車を売りたいから岡山市の車買取業者をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、岡山市で数万キロ走った中古車でも高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると岡山市対応の複数社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の買取会社が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後は岡山市対応のいくつかの中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    岡山市対応の車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った中古車であっても高く売れる可能性が上がります。

    最大で10もの会社が中古車の買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取店にあなたが大事に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、岡山市にある複数の中古車買取業者に依頼をして数年間愛用してきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるようにあの楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    車の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    数年間愛用してきた車を高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の車買取サービスと比べると少なめですが、岡山市対応の最大で10社の会社が中古車の査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、事故車や輸入車や軽自動車など、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    もし自分が売ろうとしている車が軽自動車だったら、当たり前ですが、軽自動車販売が得意な店舗に依頼した方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    このような特定ジャンルに特化した業者は一括査定サイトを利用した際に、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、それと分かるのです。

    一般的に買取業者が中古車を見積もるときに見る点と言ったら、大きく分けると車体の色や車種などの基本的なスペック、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車の内部の臭いや汚れの有無、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、見積額が提示されるのです。

    Web上で中古車の一括査定を利用したいと考えているが、個人情報はなるべく公開したくないというときには匿名でも可能なサイトを使うという手があります。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、売買契約を結ぶときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、取り引きをした相手の名前や住所などの情報を記録に残しておく義務が発生するので仕方のないことです。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり1万キロ前後と想定されています。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって5万を境にどんどん査定は減点されていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いでタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    ある程度を超えて走行した車というものは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、値段がつけられないと言われることも多いです。

    けれどもそれで諦めろといったわけではなく、まだ道は残されています。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使えるパーツ単位で計算して買い取ってくれます。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、リサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですがちょっとでも高額な査定をつけてもらうために有効な手段です。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

    そうは言っても、「私は車を大事に扱っています」ということを結果的にアピールすることに繋がるのです。

    扱いが粗雑なオーナーよりも印象が良いですから、査定結果も良くなって結果的に得をすることになります。

    一律と言うわけではないのですが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    所有者が個人であって、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税を支払う可能性もあります。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明点は確定申告のときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、車売却時に限定したことではなくてさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。

    署名して印鑑を押した以上、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    記載された中古車の状態は適切か、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、充分にみていくことが肝心です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずに営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。