トップページ

    このサイトでは岡山市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「岡山市で中古車を高い金額で買取をしてくれる買取店がどこか知りたい。」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取専門店で検索してみてください。

    車を高く売るために大事なことは「岡山市にある複数の車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら絶対に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。岡山市にある対応している複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、岡山市での買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社へ中古車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、岡山市でも対応していて無料です。

    「できるだけ高く車を売りたいから岡山市の車買取業者をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っている車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、岡山市で数万キロ走った中古車でも高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると岡山市対応の複数社から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の買取会社が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後は岡山市対応のいくつかの中古車買取業者から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    岡山市対応の車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った中古車であっても高く売れる可能性が上がります。

    最大で10もの会社が中古車の買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取店にあなたが大事に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、岡山市にある複数の中古車買取業者に依頼をして数年間愛用してきた車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるようにあの楽天が運営している車買取の一括査定サイト。
    車の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    数年間愛用してきた車を高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の車買取サービスと比べると少なめですが、岡山市対応の最大で10社の会社が中古車の査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でもその見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定金額は低下していくのです。

    5万kmを越えて走行している車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    10万kmを越えて走っている車は過走行車という扱いを受け、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    大抵の中古車買取業者においては、見積もりを完了するために要する時間というのはただ待っているだけの時間を除くと10分少々です。

    これは現時点における車種ごとの中古車のオークションの相場などを基本として事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、それらの状態に応じた減額や加算をするとすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、個人の名前などはできるだけ記入したくないという時には匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

    但し、無料査定までしか匿名では行えません。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、車を手放すときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を結んだ相手の住所や名前などを記載しておく義務が発生するからです。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時にけして疎かにしてはいけない点があります。

    当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものはサイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金額に関する文言は納得がいくまできちんと読むことが大切です。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、契約書を交わすようにしましょう。

    自分に落ち度はなくても追突され、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、ガタッと査定額が下がってしまうことがあります。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それは過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすればその部分については保険対象外とすることが殆どです。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所と対応を話し合う必要があります。

    中古車を売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼することです。

    ネットでも査定額を知ることができるサービスが存在しますが、それは簡易査定ですので、現物を見た上で買取り価格が算出されます。

    満足のいく価格であれば、言われた書類を整え、業者の用意した契約書に署名捺印します。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった型通りの手続きをもって買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

    これで売主は契約通りの金額かどうか確認し、売却手続は終了します。

    自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、個人売買という方法も存在します。

    中間業者が入らない分、売却側と購入側双方が得するように売り買いすることができます。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるので非常に手間がかかりますし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。

    支払い方法に関しては、分割払いを避けるようにすると後からトラブルにならなくて済むようになるでしょう。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に車を手放す直前に車検を通しておくことはあまり意味がありません。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    自動車購入を考えている人が多い時期が、売却側にとっても高く売れる好機であることに間違いありません。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、同時に買取価格も連動して上がるのです。

    3月と9月は企業の決算月にあたるのでその他の時期よりも販売店側は車を売ることに真剣になっているので、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

    決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。